トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

BTA S-005

標準規格名 1125/60方式HDTVビット直列インタフェースにおける補助データの共通規格
策定年月日 1995年 4月
概要
 本標準規格は、1125/60方式HDTV信号のビット直列伝送における補助データの構造及び伝送方法について規定したものである。

 本標準規格は、BTA S-004C「1125/60方式HDTV信号のビット直列インタフェース規格」に規定されたインタフェースを用いて補助データパケットを伝送する機器に適用するものである。

キーワード(用語と略語)
補助データ  映像のブランキング期間を利用して伝送されるデータで、例えば、音声データやタイムコードデータなどがある。
パケット  補助データとして伝送する際の最小単位である。
ワード長  1ワード当たりのビット数である。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
C1.1版 2012.12.18   本標準規格は、1125/60方式HDTVビット直列インタフェースにおける補助データの共通規格を規定するものであり、SMPTE(The Society of Motion Picture and Television Engineers)規格ST 291に準拠する内容となっていたが、SMPTEにおいて、この規格改定が行われ、補助データパケットによって伝送されるデータの種類を識別するためのデータ識別番号の区分変更、SMPTE以外の機関からのデータ識別番号・第2データ識別番号の申請方法の明確化、規格外補助データとこれに関連する開始パケット、終了パケットの廃止等の規格変更がなされたので、これらの変更を本標準規格に反映することを目的に標準規格BTA S-005の改定を行うものである。
C1.0版 2009.07.29 ・補助データを1125/60順次走査方式の信号に多重する際の規定を追加した。
B版

1998.03

・有効走査線数1080本のシステムの追加に伴い、それに対応する規定を追加した。
A版 1996.05 ・関連規格(BTA S-001A,002A,004A,005A,006A)と合本し、合本した標準規格のタイトルを「1125/60方式HDTVスタジオシステム標準規格」とした。
1.0版

1995.04

策定