トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

資料番号

BTA S-1001

技術資料名 衛星新方式放送における受信機器の相互接続
策定年月日 1989年 4月
概要  放送衛星を利用する高精細度テレビ放送、有料放送、データ放送などの新方式放送は、既存の衛星放送(BS)と共存できる必要がある。
 このためにはBSチューナと新方式放送デコーダとの基本的な相互接続を設定しておくことが望ましい。
 本技術資料は新方式放送を受信可能とするためBSチューナに要求される最も基本的な相互接続の仕様をガイドラインとして設定するもので、これにより新方式放送システムの標準化と普及に寄与することを目的としたものである。
 適用範囲としては、放送衛星を利用する新方式放送用受信機の内、BSチューナが分離している形態のものに適用する。