トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

資料番号

BTA S-1005

技術資料名 高精細度テレビジョン方式スタジオ機器の相互接続
(Interconnection for HDTV Studio Equipment)
策定年月日 1992年 5月
概要
 本技術資料は、高精細度テレビジョン方式スタジオ機器の相互接続についてのガイドラインを示したものである。

 1990年6月に郵政省・電気通信技術審議会において、「高精細度テレビジョン放送方式に関する技術的条件」に関わる答申が行われ、これに基づいて1992年5月に「スタジオ機器に使用される各種信号の相互接続」と「カメラとレンズ間のインターフェース」のガイドライン(BTA S-1005)を制定した。その後、「ポータブルカメラとポータブルVTR間のインターフェース」と「カメラ用標準ケーブル及びコネクタ」のガイドラインを追加している。

 本標準規格は、放送局及びプロダクションで使用される、撮像、記録、伝送及び表示用の高精細度テレビジョン方式スタジオ機器に適用するものである。

キーワード(用語と略語)
C→S、
及びS→C
 カメラ側(C)からシステム側(S)への信号の流れ、及びシステム側(S) からカメラ側(C)への信号の流れをそれぞれ表す。
C→L、
及びL→C
 カメラ側(C)からレンズ側(L)への信号の流れ、及びレンズ側(L)からカメラ側(C)への信号の流れをそれぞれ表す。
C→V、
及びV→C
 カメラ側(C)からVTR側(V)への信号の流れ、及びVTR側(V)からカメラ側(C)への信号の流れをそれぞれ表す。
ガラス1  プリズムガラス。
ガラス2  フィルターやCCDのカバーガラスなどのガラスの総称。
モード1  1インチカメラとレンズ間のインターフェースにおける丸型12ピンコネクタの基本的な接続モード。
モード2  1インチカメラとレンズ間のインターフェースにおいて、モード1の一部を時分割多重とした丸型12ピンコネクタの基本的な接続モード。
モードC  2/3インチカメラとレンズ間のインターフェースにおいて、現行NTSC方式カメラ用レンズと互換性を持たせた丸型12ピンコネクタの基本的な接続モード。
モードH  2/3インチカメラとレンズ間のインターフェースにおいて、デジタルコマンドの授受及び時分割多重方式を採用した丸型12ピンコネクタの基本的な接続モード。
ローインピーダンス  50Ω以下。
ハイインピーダンス  10kΩ以上。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
B版

1997. 4

 「デジタル映像伝送方式カメラ用標準ケーブル及び同コネクタ」を追加。
A版

1994. 3

 「デジタル音声インターフェース」、「2/3インチカメラとレンズ間のインターフェース」、「ポータブルカメラとポータブルVTR間のインターフェース」及び「アナログ映像伝送方式カメラ用標準ケーブル」を追加。「付録」にHD信号とVD信号について記載。
1.0版

1992. 5

 「スタジオ機器に使用される各種信号の相互接続」と「カメラとレンズ間のインターフェース」のガイドラインを制定。


ページの先頭に戻る