トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B15

標準規格名 525/60及び1125/60テレビジョン方式のビット直列インタフェースにおける補助信号領域への発局IDの多重方法
策定年月日 1997年10月 7日
概要
 本標準規格は、525/60及び1125/60テレビジョン方式のビット直列インタフェースにおける補助信号領域を用いて、発局IDを伝送する場合に必要となる補助信号パケットの構造と多重方式について規定している。

 なお、発局ID(発局コード)は、本標準規格の他、デジタル放送関連の標準規格であるARIB STD-B39で規定される放送局間制御信号パケットにも含まれているため、発局IDパケットを利用するに当っては、ARIB STD-B39も参照する事を推奨する。

キーワード(用語と略語)
発局ID  受診側で信号の送信元を認知/表示するために、映像のブランキング期間を利用して伝送される発局名、地域名やカメラ番号等の文字情報。

SMPTE
Society of Motion Picture and Television Engineers

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な策定内容
- 2011.09.16  廃止
1.1版

1999.02.02

 工業所有権に関する記述の追加
1.0版

1997.10. 7

 策 定


ページの先頭に戻る