トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B20

標準規格名 衛星デジタル放送の伝送方式
策定年月日 1998年11月 6日
概要
 本標準規格は、放送衛星局のおこなう標準テレビジョン放送等のうちのデジタル放送に関する伝送方式を規定したものです。
 本標準規格は「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式の全部を改正する省令」(平成 11年郵政省令第102号)及び「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式の一部を改正する省令」(平成 12年郵政省令第46号)に準拠して規定されたものです。それらに運用のガイドラインと参考資料を加えてまとめられています。


1 適用範囲(3.0版)
 11.7GHz〜12.2GHzの周波数帯の放送衛星局が行う標準テレビジョン放送、高精細度テレビジョン放送、超短波放送及びデータ放送のうちデジタル放送(BSデジタル放送)並びに12.2GHz〜12.75GHzの周波数帯の放送衛星局が行う帯域幅 34.5MHzの標準テレビジョン放送、高精細度テレビジョン放送、超短波放送及びデータ放送のうちデジタル放送(広帯域CSデジタル放送)の伝送方式に適用する。


2 構成と概要
(1) 衛星デジタル放送の伝送方式
  第1章 一般事項:目的、適用範囲、引用文書などに関して記述。
    1.1 目的
    1.2 適用範囲
    1.3 引用文書       
  第2章 伝送方式:省令告示に基づき
       衛星デジタル放送の伝送方式に関し記述。
    2.1 周波数帯域幅、搬送送信周波数の位置
    2.2 変調方式
    2.3 伝送速度
    2.4 搬送波の位相偏位
    2.5 搬送波の帯域制限
    2.6 伝送主信号
    2.7 変調モードのフレーム配置
    2.8 TMCC信号の構成と誤り訂正
    2.9 TMCC情報の構成
    2.10 TMCC情報の符号割り当て
    2.11 TMCC情報の更新
    2.12 位相基準バースト信号
    2.13 アップリンク制御情報信号
(2) 付属 衛星デジタル放送の運用ガイドライン
 実際の放送運用にあたり推奨される技術条件を記述。
  第1章一般事項
  第2章BS伝送信号の同期化運用ガイドライン
  第3章階層変調サービスシステム運用ガイドライン
  第4章サイトダイバーシティ運用におけるTMCCの利用
(3) 参考資料
 時間基準のPCRに関し記述。
 参考資料1 BS/広帯域CS伝送信号TSでのPCRの扱い

3 衛星デジタル放送の概要(BSデジタル、広帯域CSデジタル放送)
方式 BSデジタル 広帯域CSデジタル放送
搬送周波数 11.7〜12.2GHz 12.2〜12.75GHz
伝送帯域幅 34.5MHz 34.5MHz
映像符号化方式 MPEG-2 Video
音声符号化方式 MPEG-2 Audio(AAC)
限定受信方式 MULTI 2
多重化方式 MPEG-2 Systems(TMCC)
伝送路
符号化
方式
変調方式 TC8PSK,QPSK,BPSK
誤り訂正 内符号:トレリス[TC8PSK]、畳み込み[その他]
外符号:短縮化リード・ソロモン(204,188)
TMCC:畳み込み+RS

キーワード(用語と略語)
TMCC Transmission and Multiplexing Configuration Control
 伝送多重制御信号で伝送モード(変調方式、符号化率など)やスロット、TS等の情報。
2相位相変調
(BPSK)
 搬送波の位相を同相(0度)と逆相(180度)に対応させて変調する方式。1シンボル期間に1bit の情報伝送。
4相位相変調
(QPSK)
 搬送波の位相を90度おきにとり、1 シンボル期間に2bitの情報伝送を行う方式。
トレリス8相PSK  8相位相変調に際し、隣接する信号に対し誤り訂正符号化を行った方式。
畳み込み符号  情報源の符号を順々に畳込みながら別の信号形式に符号化し伝送路での誤りを減少させる符号化方式。
リード・ソロモン  バイト単位で誤りを訂正するブロック符号の1つの方式。
電力拡散  特定の周波数にエネルーギが集中するのを避ける方法
インターリーブ  局所的なデジタル信号の誤りを分散させ、平均的な誤りに変換するための技術。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
3.0版

2001. 5.31

 衛星デジタル放送の伝送方式のみの規格に改定(旧版の、映像、音声の符号化方式、多重方式はARIB STD-B32へ、限定受信方式はARIB STD-B25へ移動)
2.0版

2000.12.14

 広帯域CSデジタル放送対応
1.1版

2000.10.12

 音声符号化方式の改定
 運用のガイドラインの改定、追加
1.0版

1998.11. 6

 策 定


ページの先頭に戻る