トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B26

標準規格名 HDTVデジタルSNG伝送システム
策定年月日 2000年 7月25日
概要

 本標準規格は、放送局がKu帯(アップリンク周波数 14.0〜14.5GHz)の静止通信衛星を通じてHDTV素材伝送を行うためのデジタルSNG(Satellite News Gathering)伝送システムに要求される機能・性能を規定している。これらの規定によって、HDTVデジタルSNG伝送システムの必要で十分な品質と優れた運用性及び効率的な伝送を確保するものである。


キーワード(用語と略語)
CAS Conditional Access System
 限定受信方式。
DIRD Digital Integrated Receiver Decoder
 デジタル放送用受信装置で、チャンネル選択部、復調部、デコーダ、デスクランブラ等を内蔵した構成を持つ室内ユニット 。
ECM Entitlement Control Message
 デスクランブルを行う際に用いる関連情報のうちの番組情報、鍵情報(スクランブル鍵)及びデスクランブル機能の制御(有効化/無効化)情報。共通情報と呼ばれる。
EMM Entitlement Management Message
 個別契約情報や暗号を解くための鍵情報(ワーク鍵)などの情報。個別情報と呼ばれる。
MULTI2  省令告示で定められたスクランブルの方式。
PPV Pay per View
 番組単位で随時購入承諾をし、視聴した番組単位で課金する課金方法。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
2.0版 2008.09.25  DVB-S2準拠規格の追加、伝送パラメータ、追加1/4帯域(36MHz衛星中継器)、1/3帯域(27MHz衛星中継器)伝送モードの追加等の改定。
1.2版 2005.11.30  スプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の改正に伴うスプリアス発射等の定義、許容値、経過措置、測定法の改定等。
1.1版 2001.03.27  まえがき別表(工業所有権)の記載変更
1.0版 2000.07.25  策 定


ページの先頭に戻る