トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B27

標準規格名 525/60及び1125/60テレビジョン方式のコンポーネントビット直列インタフェースにおける補助データ領域への字幕データの多重方法
策定年月日 2000年10月12日
概要
 本標準規格は、525/60及び1125/60テレビジョン方式のビット直列インタフェースにおいて、映像に同期して画面表示される文字である字幕データを、補助データを用いて伝送する場合の構造と多重方式について規定している。

 本標準規格は、アナログテレビジョン放送の文字多重放送による(アナログ)字幕データ形式のフォーマットを使用しており、アナログ放送用字幕データを伝送する事ができる。

 また、規定上はアナログ放送だけでなくデジタルテレビジョン放送のデータ放送による字幕(デジタル字幕)データも本標準規格によって伝送する事が可能になっているが、デジタル字幕伝送規格としては、別途ARIB標準規格STD-B37が策定され、デジタル字幕伝送で本標準規格を使用する必要性はなくなった。

キーワード(用語と略語)
アナログ字幕 アナログテレビジョン放送で採用されている文字多重放送の字幕形式をいう
字幕 映像に同期して画面に表示される台詞などの文字
字幕データ 映像に同期して画面に表示される台詞などの文字情報及び管理情報の総称
デジタル字幕 デジタルテレビジョン放送で採用されているデータ放送の字幕形式をいう

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
- 2013.07.03  廃止

 この度、 スタジオ設備開発部会において、本標準規格が実運用上使用されておらず、今後も使用する可能性がないことを確認したので、本標準規格を廃止することとする。
1.0版

2000.10.12

 策定
ページの先頭に戻る