トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B31

標準規格名 地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式
策定年月日 2001年 5月31日
概要

 本標準規格は、放送局の行う標準テレビジョン放送等のうち、地上デジタルテレビジョン放送に関する伝送方式を規定することを目的とし、UHF及びVHF帯の周波数を使用する地上デジタルテレビジョン放送に適用するものです。

 なお、地上デジタルテレビジョン放送に関連する標準規格のうち、情報源符号化方式、多重化方式などの標準規格についてはそれぞれ別に定められた標準規格がありますので、それらを参照ください。

  本標準規格は、郵政大臣(現総務大臣)諮問第74号「デジタル放送方式に係る技術的条件(1994年6月27日付け郵通技第13号に基づく諮問)の審議を行った郵政省電気通信技術審議会(現総務省情報通信技術分科会)における、1999年5月24日付一部答申「デジタル放送方式に係る技術的条件」のうち「地上デジタルテレビジョン放送方式の技術的条件」を受け、1999年11月24日に施行された技術基準を定めるための「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式(1999年郵政省令第102号)(注)」及び省令に関する「郵政省告示(1999年郵政省告示第864号)(注)」に規定された事項を骨格とし それらに加えて運用上で標準的に規定することが望ましいと合意された事項をあわせた内容となっています。

  さらに、実運用において、推奨される番組送出や送信設備に関する諸条件のガイドラインを付属文書として、また要素技術的な手法の具体例を参考資料としてまとめております。
(注)2003年1月 「2003年総務省令第26号」及び「2003年総務省告示第37号」として改正。


1 適用範囲

 UHF及びVHF帯の周波数を使用する地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式


2 構成と概要

 この規格は、規格本文「地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式」、「付属 地上デジタルテレビジョン放送の運用ガイドライン」及び「参考資料」という3つの内容から構成されています。
 それぞれの概要は次の通りです。


(1) 地上デジタルテレビジョン放送の伝送方式

  第1章 一般事項
 目的、適用、準拠文書、関連文書、用語、略語について説明しております。
第2章  ISDB-T方式の概要
 我が国の地上デジタルテレビジョン放送方式であるISDB-T方式について その特徴の概要を述べております。
第3章 伝送路符号化方式
 ISDB-T方式における伝送路符号化方式の基本的な構成要素である多重フレーム、誤り訂正、エネルギー拡散、遅延補正等について規定しています。
第4章  周波数使用条件
 地上デジタルテレビジョン放送に使用される周波数帯幅、許容偏差、送信スペクトルマスク等について規定しています。
付録A 7MHz、8MHz帯域幅システムの伝送パラメータと情報レート
 ISDB-T方式を7MHzおよび8MHz帯域幅システムに拡張する場合の伝送パラメータ、情報レートを記載しています。


(2) 付属 地上デジタルテレビジョン放送の運用ガイドライン

   付属では、実際の放送を運用するにあたり、推奨される番組送出や送信設備に係わる諸条件をガイドラインとして述べております。
  第1章 目的
第2章 送信スペクトルの配置
 各モードに対する中心周波数キャリア、および、TVチャンネルとOFDMキャリアの関係など。
第3章 階層伝送の運用ガイドライン
 ・階層化伝送のスペクトル構成、多重信号、PAT、NIT、CATの送り方、部分受信階層におけるPCRの送り方など
 ・階層伝送時の伝送路符号化方式:階層分割/合成とクロック、シリアル/パラレル処理の詳細
 ・移動体受信等でのMPEG-2縮小動画及び静止画によるサービスを想定し、それぞれに対する符号化パラメータの制約条件
第4章 同期化運用ガイドライン
 SFN運用に必要な、送信周波数、IFFTサンプル周波数、及び送信波形の一致の3条件など
第5章 STL/TTLへの信号伝送手法:
 ・SFNを考慮した同期化方法の種類及び使用例を具体的に規定
 ・同期化処理のための送信制御情報の種類と伝送手法について規定
第6章 ACデータ伝送の運用ガイドライン
 AC伝送における放送TSとAC伝送キャリアのインターフェエースを規定


(3) 参考資料

   参考資料では、今後、デジタル放送の送信設備やネットワークを構築するにあたって、参考となる事項を取り上げております。

・伝送路符号化部において各種インターリーブにより生ずる送受信遅延量を例示しました。
・AC伝送方式の検討例として、低レート音声、および、制御データの伝送に対応できる方式を例示しました。
・放送波ネットワーク構築にあたり、留意事項として回線設計実施に向けた考え方をまとめました。これは、演奏所から受信機まで、現行ネットワークをモデル化し、1999年度電気通信審議会置局技術委員会答申に基づいて行った検討例です。


3 関連する標準規格

 受信機装置においては他の放送メディアとの共通技術に多く関連しているため、特に次の標準規格を参考にする必要があります。
 ・ARIB STD-B10「デジタル放送に使用する番組配列情報」 
 ・ARIB STD-B24「デジタル放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式」
 ・ARIB STD-B25「デジタル放送におけるアクセス制御方式」
 ・ARIB STD-B32「デジタル放送における映像符号化、音声符号化及び多重化方式」


4 方式概要とサービスイメージ

  地上デジタルテレビジョン放送の方式概要
概念図
映像
符号化方式
MPEG-2 Video
音声
符号化方式
MPEG-2 Audio AAC
データ
符号化方式
BML
(XMLをベースとしたマルティメディア符号化方式)
限定受信方式 MULTI-2
多重化方式 MPEG-2 Systems
誤り訂正方式 外符号(リードソロモン符号)+内符号(畳込み符号)
変調方式 OFDM (DQPSK, QPSK, 16QAM, 64QAM)
周波数帯域幅 5.7MHz
情報レート 23.234Mbps
(変調方式に64QAMを用いた場合の最大値)

サービスイメージ

キーワード(用語と略語)
ISDB-T Integrated Services Digital Broadcasting‐Terrestrial(サービス統合地上デジタル放送)
 地上デジタルテレビ放送ISDB-Tは、1チャンネルの伝送帯域を13個の帯域(OFDMセグメント)に分割して、セグメントごとに、伝送パラメータや伝送する情報を設定する方式である。このため、1 チャンネルでハイビジョン放送、あるいは複数の標準テレビやデータなどさまざまなサービスを組み合わせて放送することができる。また、一部のセグメントの伝送パラメータを妨害に強く設定することにより、家庭での受信に加えて、自動車での受信や携帯端末での受信に適したサービスを行うことも可能である。
  一方、地上デジタル音声放送には同じ構造のOFDMセグメントを1個あるいは3個を使用する。この場合、音声放送(Sound Broadcasting)の意味でISDB-TSBと称する。
OFDM Orthogonal Frequency Division Multiplex(直交周波数分割多重)
 OFDMはデジタル化された情報を伝送する方式の一つである。1キャリアを全情報で高速変調する従来の方法に対して、OFDMでは、数千のキャリアに情報を振り分けて送る。キャリア当りで見ると、1と0のデジタルデータの塊を伝送するための時間が数千倍になるので、マルチパス妨害に強い伝送特性が得られる。
 複数のキャリアが互いに干渉妨害とならない仕組み(直交多重)からこの呼称がある。
SFN Single Frequency Network(単一周波数ネットワーク)
 OFDMがマルチパス妨害に強いことを積極的に利用し、隣り合う複数の送信所で同じ周波数を使用するネットワーク技術である。サテライト局ごとに周波数を変換する従来のネットワークに比べて、より少ない周波数でサービスエリアをカバーできる。
IFFT
(逆高速フーリエ変換)
 時間信号を周波数成分に変換するFFTとは逆の演算である。
 OFDMでは、数千のキャリア周波数のデジタル変調データを、一括して、時間信号(送信信号)に変換する信号処理にあたる。
AC Auxiliary Channel(補助伝送路)
 放送に関する付加情報(変調波の伝送制御に関する付加情報、または地震動警報情報)のための伝送路と規定され、地上デジタル放送においては、本線系の信号は、伝送路符号化部および復号部において、約0.1秒から約1 秒までの伝送遅延がある。一方AC伝送路は、伝送容量は数kbps〜数100kbpsと少ないが伝送遅延が少ないことが特徴である。
Program Specific Information
(PSI)
 伝送制御信号の中でISO/IEC13818-1で規格化された部分をPSIという。
 PSIデータは4種類のテーブル(PAT,CAT,PMT,NIT)からなり、セクション形式で伝送される。
Transport Stream トランスポートストリーム
 ISO/IEC13818-1で定義されるデータ構造。
transport_stream_id トランスポートストリーム識別
 オリジナルネットワークのトランスポートストリームに固有の識別子。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
2.2版 2014.03.18  総務省告示の改正を受けて、準拠する告示の改定を行うものである。あわせて、誤記の修正及び表記の統一を行うものである。
 本標準規格2.2版については、英語翻訳版を作成して公開する。
2.1版 2012.12.18   放送法の改正に伴う省令及び告示の改正を受けて、準拠する省令・告示の修正及び追加を行うと共に、省令・告示の参照先の明確化を行う。
 あわせて、本標準規格に関連する他の標準規格との表記・用語の統一や付属 運用ガイドラインの修正、明確化を行う。
2.0版 2011.03.28
 ITU-R勧告と整合を取るための、6MHz帯域幅システムの伝送パラメータ表の見直し並びに7、8MHz帯域幅システムの伝送パラメータ表及び情報レート表の付録追加
1.9版 2010.07.15
 告示改正に伴う、地震動警報詳細情報に係る地域名称の変更及び極微小電力局に係る送信周波数許容偏差の規定追加
1.8版 2009.12.16
 AC信号を用いた地震動警報情報の伝送方式に係る規定追加
1.7版 2007. 9.26

 地上デジタル放送の中継局に係る無線設備規則の改正に伴う、送信周波数の許容偏差及び送信スペクトラムマスクの規定改定

1.6版 2005.11.30
 スプリアスに係る無線設備規則の改正に伴う改定
1.5版 2003. 7.29  伝送パラメータ切り替え指標の対象となる伝送パラメータの明確化
1.4版 2003. 6. 5  AC伝送におけるACデータが含まれている放送TSとAC伝送キャリアのインタフェース(I/F)を規定し、機器のメーカー間の互換性を確保するための規定追加

「ACデータ伝送の運用ガイドライン」を付属 第6章として追加  
付属 第5章「STL/TTLへの信号伝送手法」5.5節「放送TS伝送時に必要となる付加情報」においてACデータの多重に係るISDB-T_informationのシンタックス及びmodulation_control_configuration_informationのシンタックスを改定  
1.3版

2003. 2. 6

付属 第3章「階層伝送の運用ガイドライン」の 3.2.1「階層伝送におけるPAT、NIT、CATの多重方法」の規定の例外的な運用規定追加。
付属 第5章「STL/TTLへの信号伝送手法」5.5.3「IIP(ISDB-T Information Packet)の無効階層への多重」(4)「network_synchronization_informationの構造」の一部を見直し。
1.2版

2002. 1.24

 「付属地上デジタルテレビジョン放送の運用ガイドライン」の「第3章 階層伝送の運用ガイドライン」に3.4項として「映像符号化方式」を新たに追加。
1.1版

2001.11.15

 「付属地上デジタルテレビジョン放送の運用ガイドライン」に第5章として「STL/TTLへの信号伝送手法」の規定追加。
1.0版 2001. 5.31  策定


ページの先頭に戻る