トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B33

標準規格名 テレビジョン放送番組素材伝送用可搬形OFDM方式デジタル無線伝送システム
策定年月日 2002年 3月28日
概要
 本標準規格は、テレビジョン放送番組素材伝送用の可搬形無線伝送機器であるFPUのOFDMデジタル伝送システムについて規定し、この規定に基づくシステムによる番組素材伝送が円滑に実施されることを目的としている。

 本デジタル伝送システムを運用する際、その隣接チャンネルにおいて既に実用化されているアナログ方式のFPUが運用されること(アナログとデジタルの混在運用)を前提条件とするものである。

 本標準規格は、旧郵政省電気通信技術審議会における、1999年11月29日付諮問第110号「番組中継用デジタル回線の技術的条件」のうち「マイクロ波帯のデジタル方式のFPU/TSLの技術的条件」についての一部答申(2000年 3月27日付け)を受け2000年 8月 9日施行された「無線設備規則の一部を改正する省令(2000年郵政省令第49号)」及び「OFDM方式のデジタルFPUの技術的条件」についての一部答申(2001年 6月25日)を受け、2002年 2月28日に施行された「無線設備規則の一部を改正する省令(2002年総務省令第21号)」に規定された事項を骨格とし それらに加えて運用上で標準的に規定することが望ましいと合意された事項をあわせた内容としている。

キーワード(用語と略語)
OFDM Orthogonal Frequency Division Multiplex(直交周波数分割多重)
 OFDMはデジタル化された情報を伝送する方式の一つである。1キャリアを全情報で高速変調する従来の方法に対して、OFDMでは、数千のキャリアに情報を振り分けて送る。キャリア当りで見ると、1と0のデジタルデータの塊を伝送するための時間が数千倍になるので、マルチパス妨害に強い伝送特性が得られる。
 複数のキャリアが互いに干渉妨害とならない仕組み(直交多重)からこの呼称がある。
FPU Field Pick-up Unit
 放送番組の映像・音声素材を取材現場から放送スタジオへ直接またはTSLを介して伝送する無線伝送路
TSL Transmitter to Studio Link
 FPUからの信号を放送スタジオへ中継する伝送路
STL Studio to Transmitter Link
 放送局のスタジオと送信所などを結び放送番組を伝送する無線伝送路
TTL Transmitter to Transmitter Link
  送信所と送信所を結び放送番組を伝送する無線伝送路

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
1.2版

2011.03.28

 伝送遅延時間の短縮を図るため、時間インターリーブ及びTMCCに関連する規定を追加。まえがきの表記統一及び表3-4の誤記訂正。
1.1版

2005.11.30

 スプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の改正に伴うスプリアス発射等の定義、許容値、経過措置、測定法の改定等。
1.0版

2002. 3.28

 策 定


ページの先頭に戻る