トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B37

標準規格名 補助データパケット形式で伝送されるデジタル字幕データの構造と運用
策定年月日 2002年 7月25日
概要

 本標準規格は、スタジオ内で使用される525/60テレビジョン方式コンポーネントビット直列インタフェースおよび1125/60方式HDTVビット直列インタフェースにおいて、映像に同期して画面表示される文字のための字幕データを、垂直補助信号領域を用いて補助データパケット形式で伝送する場合の構造について規定したものである。

 本標準規格はデジタル放送の字幕の持つ、字幕の多言語表示・スクロール表示等の機能拡張に対応すると共に、在来のアナログ放送用字幕データも伝送可能とした。

 また、上記本編の巻尾に記載された付属(デジタル字幕運用規定)は、本編にて規定されたデジタル字幕データを伝送する場合の重畳方法、及びアナログ/デジタル字幕データの相互変換、HD/SD/携帯字幕データの相互変換等の運用規定を定めたのもである。


キーワード(用語と略語)
アナログ放送用字幕  アナログテレビジョン放送で採用されている文字多重放送の字幕形式をいう。
携帯字幕  部分受信機(携帯受信機)向けデジタルテレビジョン放送で採用される字幕形式。
字幕  映像に同期して画面に表示される台詞などの文字。
字幕データ  映像に同期して画面に表示される台詞などの文字情報および管理情報の総称。
字幕データパケット  ANCパケット形式で伝送される字幕データ。
デジタル字幕  デジタルテレビジョン放送で採用されているデータ放送の字幕形式をいう。
ANCデータ  ビデオ信号に重畳して伝送される補助データ。
DID  補助データのデータ識別ワード。
SDID  第二形式のデータ識別ワード。
TS  MPEGシステムのストリームフォーマットの一種で188バイトのパケット形式で伝送される。ISO/IEC13818-1で規定されている。
ANC Ancillary
MPEG Moving Picture Expert Group
PES Packetized Elementary Stream
DID Data Identifier
SDID Secondary Data Identifier
TS Transport Stream

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
2.5版 2013.07.03  「525/60及び1125/60テレビジョン方式のコンポーネントビット直列インタフェースにおける補助データ領域への字幕データの多重方法標準規格」(ARIB STD-B27)の廃止に伴う変更、アナログ放送終了に伴う表現の見直し及び「アスペクト比16:9の画面におけるセーフティゾーン技術資料」(ARIB TR-B4)におけるセーフティゾーンの記載に合わせた変更を行う。
2.4版 2006.03.14  中型/小型DRCSの変換、字幕PESデータをTS化する際のアダプテーションフィールド取り扱い等について明確化した。
2.3版 2005.09.29  デジタル/アナログ字幕から携帯字幕に変換するに当たり、レイアウトの変換等のガイドラインを追加規定する。
2.2版 2005.03.24   ARIB TR-B14との整合性を保つため、携帯字幕に関する規定を修正する。
2.1版 2004.09.28  携帯字幕に関する規定を追加するとともに、HD、SD、アナログ、携帯用字幕を同時に運用するための運用方法、字幕の相互変換についてガイドラインを記述した。
2.0版 2003.06.05 (1) 題名の改定:
  付属として「デジタル字幕運用規定」を巻尾に記載したことにより、題名を「補助データパケット形式で伝送されるデジタル字幕データの構造と運用」に改める。

(2) 「デジタル字幕運用規定」付属文書を追加する改定:
  字幕普及という観点から、全ての放送事業者間で統一した運用を可能とする目的で、サイマル放送期間中に、HD、SD、アナログ用字幕を同時に運用するための運用方法を規定した。また字幕運用上の利便を図るため、字幕の相互変換のため"CCIS"(Conversion Control Information Support)識別子を規定し、その運用のガイドラインを記述した。
1.0版 2002.07.25  策定


ページの先頭に戻る