トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B42

標準規格名 衛星デジタル音声放送用受信装置標準規格(望ましい仕様)
策定年月日 2003年 6月 5日
概要
 本標準規格は、衛星デジタル音声放送用受信装置に関し、実用化初期に想定される受信装置のニーズに対応できる最小限の機能、定格及び望ましい性能について規定したものである。

 適用範囲は、2630-2655MHz帯を使用する25MHz帯幅の衛星デジタル音声放送について、デジタル信号のデコーダ、デスクランブラを内蔵する移動受信装置及び携帯受信装置である。

キーワード(用語と略語)
CDM Code Division Multiplex:符号分割多重
 移動受信の際、課題となるフェージング耐性が高い多重化方式として、IMT-2000などの移動通信(携帯電話)システムでも採用されている。
ギャップフィラー Gap Filler:ギャップフィラー
 建物などで衛星電波が直接届かない「不感地帯」をカバーするために、衛星と同じ情報を同じ周波数で再送信する設備。
 受信装置としては、衛星、地上双方を受信するために、広い入力レンジが必要となる。
LNA Low Noise Amplifier:低雑音増幅器
 衛星電波受信など微弱な信号を、アンテナから受信機本体にケーブル伝送する場合、一般的に低雑音で増幅した後にケーブル伝送し、信号対雑音比の劣化をおさえる。このために用いる低雑音の増幅器。
SBR Spectral Band Replication : 周波数領域での帯域復元手法
  低ビットで帯域が拡張できる。
 SBR は AAC 符号化のハーフレートサンプリングでは破棄されていた情報の一部を補完する情報であり、ハーフレートサンプリングによる量子化サンプルに付加することにより周波数領域で帯域が復元できる。 SBR 復号機能のない受信機でも AAC 部分は復号可能であり、バックワードの互換性がある。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
- 2012.09.25  廃止。

 放送法等の改正により「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式」(平成15年総務省令第26号)から移行する形で「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式」(平成23年総務省令第87号)が新たに制定された。(2011年6月30日施行)
 これに併せて、衛星デジタル音声放送の規定が同省令から削除されたのに伴い、本標準規格を廃止するものである。
1.1版 2004.02.05
携帯受信を行う受信装置についての規格を追加。
マルチチャンネルから 2 チャンネルステレオへのダウンミックス機能の改定。
音声符号化方式の AAC-SBR 方式を追加。
1.0版 2003.06.05  新規策定


ページの先頭に戻る