トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B46

標準規格名 セグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送の伝送方式
策定年月日 2010年 11月 5日
概要

 本標準規格は、移動体・携帯端末向け地上マルチメディア放送のうち、セグメント連結伝送方式によるもの(ISDB-Tmm方式及びISDB-TSB方式の地上マルチメディア放送)に関する伝送方式の規定である。
 本方式は、207.5MHz以上222MHz以下の周波数の電波(VHF-High帯)を使用する地上基幹放送局の行うセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送(以下、ISDB-Tmm方式のV-High地上マルチメディア放送)及び95MHzを超え108MHz以下の周波数の電波(VHF-Low帯)を使用する地上基幹放送局の行うセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送(以下、ISDB-TSB方式のV-Low地上マルチメディア放送)の国の技術基準に採用されている。
 ISDB-Tmm方式のV-High地上マルチメディア放送及びISDB-TSB方式のV-Lowマルチメディア放送に関連する標準規格のうち、情報源符号化方式、多重化方式などの標準規格については、それぞれ別に定められた標準規格を参照のこと。

 本標準規格は、「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式(2012年総務省令第87号)」、同省令に関する「総務省告示(2012年総務省告示第303号、2012年総務省告示第304号、2012年総務省告示第306号)」、及び「無線設備規則(1950年電波監理委員会規則第18号)」に規定された事項を骨格とし規定された内容となっている。




キーワード(用語と略語)
マルチメディア放送 映像、音声、データなどのデジタル情報を送る放送であって、テレビジョン放送に該当せず、かつ、他の放送の電波に重畳して行う放送でないもの
地上マルチメディア放送 マルチメディア放送のうち、移動受信用地上放送に該当するもの
OFDMセグメント データキャリアに制御信号キャリアを付加した伝送信号の基本帯域(地上テレビジョンチャンネル帯域幅の1/14)、および、フレーム構成された信号
ISDB-Tmm ISDB for Terrestrial Multi-Media Broadcasting
1個または13個のOFDMセグメントで伝送帯域を構成する移動体・携帯端末向け地上マルチメディア放送の放送方式
ISDB-TSB ISDB for Terrestrial Sound Broadcasting
1個または3個のOFDMセグメントで伝送帯域を構成する移動体・携帯端末向け地上マルチメディア放送の放送方式
連結送信 ガードバンド無しに配置されたISDB-TSB 、ISDB-Tmm信号の送信形態

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
2.2版 2015.09.30  告示の改正を受けて、第2部「VHF-Low帯に適用するセグメント連結方式による地上マルチメディア放送の伝送方式」の搬送波の中心周波数について、混信又は混信の可能性が発生し、これを回避するために真に必要な場合に利用できる周波数を追加するものである。あわせて、漢字・仮名等の表記の統一を行う。
2.1版 2014.12.16  総務省令等の改正を受けて、第2部「VHF-Low帯に適用するセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送の伝送方式」の規定のうちAC(Auxiliary Channel)信号の規定を見直し、地域の防災・安全情報の規定を追加するものである。
 あわせて、第1部「VHF-High帯に適用するセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送の伝送方式」の省令等の記載を見直す。
2.0版 2014.03.18  総務省令等の改正を受けて、新たに第2部としてVHF-Low帯を使用するISDB-TSB方式の地上マルチメディア放送の伝送方式を追加するとともに、既存の規格は第1部としてVHF-High帯を使用するISDB-Tmm方式の地上マルチメディア放送の伝送方式を規定するものとし、準拠する省令等の改定を行うものである。
 あわせて、誤記の修正及び表記の統一を行うものである。
1.3版 2012.12.18  放送法の改正に伴う省令及び告示の改正を受けて、準拠する省令・告示の修正及び追加を行うと共に、省令・告示の参照先の明確化を行う。
 あわせて、本標準規格に関連する他の標準規格との表記・用語の統一や付属 運用ガイドラインの明確化を行う。
1.2版 2012.07.03  必須の工業所有権の実施に係る確認書の提出があったので所要の変更を行うものである。
1.1版 2011.03.28 ・ ITU-R勧告案と整合を取るための、参照チャンネル帯域幅6MHzの伝送パラメータ表の見直し並びに同7、8MHzの伝送パラメータ表および情報レート表の付録追加
・ 付属としての運用ガイドラインの新規追加
・ 用語の追加並びに本標準規格の日本語および英語タイトルの変更
1.0版 2010.11.05  策定


ページの先頭に戻る