トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B54

標準規格名 放送事業用4FSK連絡無線方式
策定年月日 2011年 09月16日
概要
 放送事業用連絡無線方式は、陸上移動通信における自営用を目的とした公共業務用連絡無線方式のうち放送事業用に分類される電波利用システムである。周波数有効利用のため、この放送事業用連絡無線も現行のFM方式からデジタル・ナロー方式に移行することが求められた。

 本標準規格は、放送事業用連絡無線設備において無線設備規則第57条の3の2に規定される142MHzを超え170MHz以下の周波数を使用する狭帯域デジタル通信方式のうち、変調方式が四値周波数偏位変調を用いた単一キャリアによる伝送方式(Single Channel Per Carrier)による業務用デジタル移動通信システムの無線区間インタフェースを規定したものである。

キーワード(用語と略語)
4FSK 四値周波数偏位変調
SCPC 単一キャリアによる伝送方式(Single Channel Per Carrier)

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
2.0版 2013.03.19  放送事業における運用で、本標準規格の1.0版において特に不足を生じた部分に対応するため、システムの機能を追加・修正すると共に、送受信処理の改善等を行うものである。
1.0版 2011.09.16  策定


ページの先頭に戻る