トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B68

標準規格名 超高精細度テレビジョン信号スタジオ機器間インタフェースにおけるタイムコードフォーマット
策定年月日 2015年12月3日
概要
 本標準規格は、超高精細度テレビジョン(UHDTV)信号のスタジオ機器間インタフェースにおいて、タイムコードを伝送する場合のデータ構造と多重方法について規定するものである。
 データ構造は時間情報パケットと呼ばれる64ビットのパケット構造で、映像フレーム周波数60Hz又は60/1.001Hzの順次走査方式におけるタイムコードデータを伝送する。時間情報パケットの構造にはユーザーデータワード(UDW)があり、UDWはタイムコードデータ、時間情報データ識別コード1(DBB1)及び時間情報データ識別コード2(DBB2)の3種類のデータについて規定している。
 多重方法については時間情報パケットの多重方法を定めており、STD-B58に規定されるインタフェースで伝送する場合の多重についても規定している。

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
1.0版 2015.12.03  策定


ページの先頭に戻る