トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(放送分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号

ARIB STD-B69

標準規格名 デジタルテレビジョン放送におけるデジタル字幕ファイル交換フォーマット(第2世代)
策定年月日 2016年3月25日
概要
 本標準規格は、STD-B62「デジタル放送におけるマルチメディア符号化方式(第2世代)」で規定される字幕放送方式に対応した字幕ファイルの交換フォーマットについて規定するものである。
 STD-B62で規定されるARIB-TTML文書(XML文書)に交換フォーマットとして、番組管理情報、ページ管理情報、伝送情報の3種類の管理情報を追加する構造として規定している。また、ファイル名や記録メディアへの記録方式についても規定している。
 その他、現在のデジタル放送で使用される字幕ファイルからの変換ガイドラインも示している。
 TTML:Timed Text Markup Language
 XML:eXtensible Markup Language

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
1.1版 2017.03.24  ARIB-TTML字幕の望ましい記述例やHDTVへのダウンコンバートを考慮した字幕表示領域を示すことで字幕ファイルの交換をより確実にするために行うものである。
1.0版 2016.03.25  策定


ページの先頭に戻る