トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号 ARIB TR-B10
技術資料名 HDマルチパターン
策定年月日 1998年11月 6日
概要
 本技術資料は、1枚の絵柄の中に各種の評価項目に対応するパターンを描き、HDTV機器、特に受像機の性能を総合的に評価するための試験パターンを提供することを目的に纏めた技術資料である。

 本技術資料はBTA-S001B規格に準拠したHDTV機器の評価に使用するための試験パターンに適用されるものである。

キーワード(用語と略語)
有効走査線数
実際にテレビ表示画面を構成する走査線の数

改定の概要
版数 策定または
策定日
主な改定内容
2.0版 1999.10.26  1998年11月に策定された技術資料「HDマルチパターン」TR-B10 1.0版は有効走査線数1035本/フレームに関するマルチパターンであったが、デジタルHDTVの国際基準として決定された有効走査線数1080本/フレームのマルチパターンも必要となったため追加、合本としてまとめ、1035本用を第一編、1080本用を第二編としTR-B10 2.0版として改定したもの。


ページの先頭に戻る