トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
sitemap

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B15

技術資料名 BS/広帯域CSデジタル放送運用規定
策定年月日 1999年10月26日
概要
 本技術資料は、BSデジタル放送局での運用及びBSデジタル放送受信機の機能仕様、並びに、広帯域CSデジタル放送局での運用及びBSデジタルと広帯域CSデジタル放送の共用受信機の機能仕様に関し規定したものである。

  BSデジタル放送や広帯域CSデジタル放送は、総務省(旧郵政省)の省令・告示及びARIB標準規格の規定に従い放送されるが、関連するARIB標準規格はメディア横断的な規格であると同時に幅広い規格となっているため、実際の放送サービスにあたっては、ARIB標準規格を基準に、詳細な運用規定を取り決める必要がある。本技術資料は、このような目的から放送事業者などによりとりまとめられたもので、実際の放送サービスの送受信に最適な送信機器、受信機等の詳細設計に資することができるものである。

 11.7GHz〜12.2GHzの周波数帯の放送衛星局が行う標準テレビジョン放送、高精細度テレビジョン放送、超短波放送及びデータ放送のうちデジタル放送( BSデジタル放送)及び12.2GHz〜12.75GHzの放送衛星局が行う帯域幅34.5MHzの標準テレビジョン放送、高精細度テレビジョン放送、超短波放送及びデータ放送のうちデジタル放送(広帯域CSデジタル放送)に適用するものである。

キーワード(用語と略語)
BSデジタルチューナー IF信号の中から受信チャンネルの選局・復調、希望番組を選択・デコードしてベースバンド信号を出力する機能をもち、11.7GHz〜12.2GHzの周波数帯のBSデジタル放送が受信可能な機器。STB、IRDとの呼称もある。
BS・広帯域CS共用
デジタルチューナー
IF信号の中から受信チャンネルの選局・復調、希望番組を選択・デコードしてベースバンド信号を出力する機能をもち、11.7GHz〜12.2GHzの周波数のBSデジタル放送、および、12.2GHz〜12.75GHzの周波数帯の帯域幅34.5MHzの広帯域CSデジタル放送が受信可能な機器。
PSI (Program Specific Information)番組特定情報。
所要の番組を選択するために必要な情報で、PAT(Program Association Table:放送番組関連テーブル)、PMT(Program Map Table:放送番組マップテーブル)、NIT(Network Information Table:ネットワーク情報テーブル)、CAT(Conditional Access Table:限定受信テーブル)の4つのテーブルから成る。
MPEGシステム規格、総務省令で規定。
SI (Service Information)番組配列情報。
番組選択の利便性のために規定された各種情報。総務省令で定義され、内容はARIB規格として規定。ARIB規格独自の拡張部分に加えて、MPEG-2のPSI情報も含まれる。
EPG (Electronic Program Guide)電子番組ガイド。
放送局が送出するSI情報を利用して、受信機側で番組情報を構成し番組選択の手段とするもの。
字幕 テレビジョン放送の映像に重ねて文字をスーパーするサービスのうち映像内容と関連したサービス。
CAS (Conditional Access System)限定受信方式。
サービス(編成チャンネル)やイベント(番組)の視聴を制御するシステム。
EMM (Entitlement Management Message)
加入者毎の契約情報および共通情報の暗号を解くためのワーク鍵を含む個別情報。
コンテンツ保護を伴う
無料番組
コンテンツの権利保護を目的とし、顧客管理を伴わず、放送波において安全にコンテンツの送信を行う無料番組。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
7.3版 2017.03.24   BS委託放送事業者(株)BSジャパンのHDTVサービスとSDTVサービスのマルチ編成放送導入に伴い衛星基幹放送業務認定証が変更(2016年10月)されたことから、事業者毎スロット割り当て一覧表におけるサービス内容の変更を行うものである。
7.2版 2016.12.09   データ放送専門BS放送事業者(株)ウェザーニューズのサービス停止(免許返上)に伴い、係る識別子等記述について削除するものである。関連してウェザーニューズが使用していたSI集配信容量の再分配が行われたことに伴い、全局SIで扱う情報量に関する記述の修正を行うものである。また、広帯域CSデジタル放送における一部のサービスID(service_id)変更に伴う記載修正を行う。
7.1版 2016.07.06  高度広帯域衛星デジタル放送の開始により想定される、地上デジタル放送、BSデジタル放送、広帯域CSデジタル放送と高度広帯域衛星デジタル放送とのメディア横断的サービスを可能とするため、高度広帯域衛星デジタル放送との共用機能(高度広帯域衛星デジタル放送への対応可否判定、高度広帯域衛星デジタル放送サービスへの選局、視聴/録画予約等)の追加を行うものである。また、デジタル放送推進協会(Dpa)と次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)の組織統合に伴い、「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件」を付録へ記載し、併せて「放送サービス高度化推進協会(A-PAB)」への団体名変更に伴う記載修正も行う。
 また、広帯域CSデジタル放送のサービスID変更に伴う記載修正及びローカル時間オフセット記述子の記述例についての誤記修正を行った。
7.0版 2016.03.25  ARIB STD-B24の外部アプリケーションに関する規定追加に伴い、外部アプリケーションに関する運用規定の追加及び臨時サービスに係る誤記訂正を行うものである。
6.9版 2015.12.03  ユーザーの利便性を考慮して受信機に対する機能要件(Bluetooth出力インタフェース)の規定を変更及び委託放送事業者名の変更に伴う表記の修正を行うものである。
6.8版 2015.09.30  委託放送事業者名の変更に伴う表記の修正を行うものである。
6.7版 2015.07.03  地デジ難視対策衛星放送(衛星セーフティネット)の終了に伴い改定を行うものである。
6.6版 2015.03.17  字幕・文字スーパーで使用できる最大ES数の明確化及び総務省告示番号変更の対応等を行うものである。
 ES: Elementary Stream
6.5版 2014.07.31  リモート視聴要件に伴う追記を行うものである。
6.4版 2014.03.18  双方向通信のセキュリティ機能で用いるハッシュ関数の追加・削除、委託放送事業者の名称変更、委託放送事業者の衛星基幹放送業務認定の内容変更に伴う改定及びデジタル放送受信機の機能仕様にリモート視聴機能の追加を行うものである。
6.3版 2013.12.10  ICカードの「グループID」の運用の削除及びエディトリアルな修正を行うとともに、受信機に搭載可能なリムーバブル記録媒体の保護方式(NSM Content Protection System for Self-Encoding Content)の追加を行うものである。
6.2版 2013.09.26  TR-B14の5.3版への改定と同じく、放送通信連携システムに関する改定(フェーズ1関係規定の追加)、関数getBrowserSupport()の引数の運用の明確化及びARIBの一般社団化に伴う改定を行うものである。
6.1版 2013.07.03  放送と通信が連携したアプリケーションを利用できる機能の追加、放送事業者増加によるNVRAM拡張に伴う実装時期の変更、蓄積機能搭載受信機でのループ録画された番組での自動表示メッセージの取り扱いをリアルタイム視聴と同じとする改定、広帯域CS放送事業者のサービス変動に伴い2013年7月1日時点の情報への更新及び「デジタル放送推進協会」の一般社団への移行に伴う改定を行うものである。 
6.0版 2013.03.19  ARIB STD-B21「デジタル放送用受信装置標準規格(望ましい仕様)」5.3版の改定において、マルチチャンネル音声から2チャンネルステレオへのダウンミックス全体係数が撤廃されることに伴い、
・ 第二編「受信機機能仕様書(第一分冊)」
・ 第七編「送出運用規定(第三分冊)」
を変更するものである。
5.9版 2012.12.18  ARIB STD-B32の改定(「付属4 フレーム互換方式による3D映像サービスの運用ガイドライン」の追加)に対応するとともに、新局開局完了に伴う注釈の削除などを行うものである。
5.8版 2012.09.25  ARIB STD-B24の改定(外部デバイス連携のための新規関数の追加)に対応すると共に、東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の追加認定に対応して、ネットワーク名称、service_id 一覧の改定等を行うものである。
5.7版 2012.07.03
広帯域CS事業者数の拡大に伴う、NVRAM事業者専用領域拡張【第二編】
NVRAM BS事業者専用領域の事業者数拡大に対する運用の明確化および誤記修正、NVRAM広帯域CSデジタル放送事業者専用領域の拡張【第三編】
広帯域CS放送に係る衛星基幹放送の認定に伴い、TS_id、service_idなど各種ID一覧の割り当て改定【第七編】
リムーバブル記録媒体の保護方式に新たな方式(Marlin BB)追加の改定【第八編】
5.6版 2012.02.14
第一部第三編に対して、受信機機能によるHTMLブラウザ画面と放送画面との2画面表示機能をBMLから呼び出せるようにする規定の追加、NVRAM BS事業者専用領域の事業者数の修正
第一部第五編に対して、CA代替用メッセージ番号の割り当て数を、1事業体あたり最大3種類までとする。この変更に伴い、CA代替用メッセージ番号2種類を追加で割り当てる。
第二部第三編に対して、受信機機能によるHTMLブラウザ画面と放送画面との2画面表示機能をBMLから呼び出せるようにする規定の追加、NVRAM BS事業者専用領域の事業者数の修正
5.5版 2011.12.06
第一部第二編及び第八編に対して、無線によるデジタル映像音声出力規定の追加
第一部第三編に対して、NVRAMのBS事業者専用領域の容量拡大並びに録画判定機能の追加、インターネットへの接続を確認するための関数の追加、TR-B14第五編第二部方式の導入に伴う受信機IDへの対応などデータ放送の機能拡張
第一部第四編に対して、全局SIで扱う情報量と今後の運用について記述した付録Dを2012年3月時点でのチャンネルプランに応じた内容に改定
第一部第五編及び第七編に対して、放送事業者の申請を受け、CA代替用メッセージ番号の追加割り当て及び放送事業者名の変更
第一部第七編に対して、2012年3月以降に放送開始をするサービスのservice_id、ロゴIDの記載の改定
第二部第二編及び第三編に対して、NVRAMのBS事業者専用領域の容量拡大並びに録画判定機能の追加、インターネットへの接続を確認するための関数の追加、TR-B14第五編第二部方式の導入に伴う受信機IDへの対応などデータ放送の機能拡張
5.4版 2011.09.16
第一部第二編に対して、複数チューナーが搭載されている受信機において、有料番組を録画予約する場合に同一番組が重複して予約できないように運用規定を明確化
第一部第三編に対して、データ放送のBMLから直接IPTVと連携する機能(IPTVダウンロード/VOD)を実行可能とするための規定を追加
第一部第五編に対して、CA代替用メッセージ番号0x18(事業体名:スカパーJSAT株式会社)に対して新たに新規有料放送事業者4社を割当
第一部第七編に対して、NHKのBS放送再編及びBS-TBSのGガイドサービスの終了に伴い、service_id一覧及びロゴ一覧の変更
第二部第三編に対して、データ放送のBMLから直接IPTVと連携する機能(IPTVダウンロード/VOD)を実行可能とするための規定を追加
5.3版 2011.07.07
第一部第五編に対して、受信機が処理するECM/EMMコマンドについて、受信処理を明確化
第一部第七編に対して、2011年10月放送開始の委託放送事業者へサービスID、ロゴIDの割付及び事業終了に伴うサービスID(908)の廃止
第二部第五編に対して、受信機が処理するECM/EMMコマンドについて、受信処理を明確化
5.2版 2011.03.28
第一部第二編に対してMP4フォーマット追加および変更。
第一部第三編に対してgetIRDID()関数にてIDを取得する際の規定明確化。IDをgetBrowserSupport()関数にて引数の追加。
第一部第七編に対して新規BS放送事業者へのTS_id、service_id、broadcaster_id、ロゴID、スロット割付。「NHK」BSデジタル放送への変更。
第一部第八編に対してMP4フォーマット追加および変更。
第二部第二編に対してMP4フォーマット追加および変更。
第二部第三編に対してgetIRDID()関数にてIDを取得する際の規定明確化。IDをgetBrowserSupport()関数にて引数の追加。
第二部第八編に対してMP4フォーマット追加および変更。
5.1版 2010.11.05
第一部第二編に対して3D映像の放送を受信する受信機機能を追加。
第一部第四編に対して2011年に放送開始予定の放送大学学園がラジオ放送のEPGを8日間送出できるよう、 デジタル音声サービスの全局EIT[schedule] における周期グループのデフォルト日数を3日から8日に変更。 及びSI における3D映像を含むイベント識別仕様を規定。
第一部第五編に対しCA代替サービスに係わる決定を追加。
第一部第七編に対して3D映像の運用ガイドラインを追加。
第一部第八編に対してAdvanced Access Content System (AACS) の対象となる記録媒体に大容量の多層ディスク(BDXL)が追加された。すでに規定されている記録フォーマットに加えて、Blu-ray Disc Rewritable Format Ver4.0を追加。
第二部第二編に対して3D映像の放送を受信する受信機機能を追加。
第二部第四編に対してBITのTable_id、番号の修正。
第二部第七編に対してts_id、service_idの追加。ワンタッチボタンの新規割り当て。
5.0版 2010.07.15
第一部第六編に対して双方向サービスのセキュリティレベル高度化のための情報の追記及び附録について、いずれもTR-B14の該当箇所を参照。
第一部第八編に対して「無線LANセキュリティについて」について、参照先のJEITA「無線LANのセキュリティに関するガイドライン」の名称を変更。
第二部第五編に対してCA代替メッセージ番号の削除。
第二部第六編に対して双方向通信運用規定における第一部との表現統一。
4.9版 2010.04.26
  第二部第七編に対して
「株式会社キッズステーション」の追加
「マルチチャンネルエンターテイメント株式会社」の社名変更
2010年4月1日時点のservice_id一覧に更新
4.8版 2009.12.16
2011年以降のBSデジタル放送17ch〜23chを利用する新規事業者を想定し、必要な規定を追加
従来必須だった機能のオプション化(モデム等)
BML関数の簡素化に伴う改定
文字スーパー及びデータ放送の運用に対して緊急地震速報に関する追記
コンテンツ保護方式のうち、AACS(Advanced Access Control System)のライセンス変更に伴う付帯条件を変更
4.7版 2009.07.29
リムーバブル記録媒体にコンテンツをデジタル記録する場合の保護方式(CPRM SD-Video)を追加(第一部および第二部 第八編)
社名変更による事業者名、事業体名、ライセンサ名の名称を変更
4.6版 2008.12.12
DTCP-IP関連として参照するDLNAガイドラインバージョンの更新に伴いMPEG_PSのメディアフォーマットを扱うための詳細規定を追加
放送事業者に関連するサービスIDなどを変更
コンテンツ保護関連として事前予約型ペイパービュー“Call Ahead PPV”運用を明確化
4.5版 2008.09.25
ダビング10関連で受信機のコピー制限ルールに追加規定などを行った。
DTCP-IP関連としてIPインタフェースにMPEG_PS出力の規定を追加した。
IPTVサービス対応としてARIB標準規格STD-B24の改定に伴う修正を行った。
セーフティネット対応としてトランスポートストリーム識別のガイドラインを改定した。
4.4版 2008.06.06
BS放送事業者は今後PPVサービスを実施しない旨の確認が取れたので、PPVに関する記述を削除した。
4.3版 2008.03.19
付録としていた昨年末のBS再編に伴う内容(各社のスロット割付情報等)を本編に組み込んだ。
リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護法式を1種類追加
広帯域CSデジタル放送のTS_ID、service_ID、broadcaster_ID、ロゴIDなどの識別子について本年3月時点の内容に更新した。
4.2版 2007.12.12
ダウンロードの確実性を高めるために「ダウンロードサービス運用原則」を追加
リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護法式を1種類追加
広帯域CSデジタル放送のチャンネル増減、TS移動、放送事業者の名称を変更
4.1版 2007.09.26
BS9チャンネルの再編に対応するため、試験放送から本放送への移行ステップをふまえたロゴデータ送出規定の変更及びTS識別割り当てガイドラインの追加
有料放送のPPVサービスに関する受信機機能を必須からオプションに変更
4.0版 2007.05.29
ポータブル受信機におけるモデム搭載および双方向機能のオプション化
リムーバブルメディアに関する記述の修正
委託放送事業者の変更
3.9版 2006.12.12
Bluetooth出力インタフェースのコンテンツ保護の規定やロゴ認証の取得要件の追加
広帯域CSデジタル放送のサービス識別に関するガイドラインの明確化
3.8版 2006.09.28
2007年12月に実施されるBS9チャンネルのデジタル化に伴うチャンネル再編に合わせて階層変調の運用を変更
サービスIDやロゴID等の修正
3.7版 2006.05.29
BS9チャンネルのデジタル化及び将来のチャンネル増に備えた改定
STD-B24(4.4版)の改定に伴う修正
リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護方式を2種類追加
3.6版 2006.03.14
追加記号や文字符号集合に関するSTD-B24の改定に伴い、関連部分の参照先をSTD-B24に変更するとともに、STD-B24およびTR-B14との整合性を考慮した記載に変更
リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護方式を1種類追加
3.5版

2005.11.30

リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護方式を1種類追加
3.4版 2005.09.29
DLNAガイドライン1.0にもとづくIPインタフェース仕様の追加と、DTCP−IPによるコンテンツ保護の運用規定の追加
リムーバブルメディアに関する認定コンテンツ保護方式を2種類追加
BS放送事業者の終了や移行によるサービスID等の記載内容変更
CS放送事業者の終了や変更等による各種IDの変更
3.3版 2005.03.24
エンジニアリングスロット拡大に伴うダウンロード規定の改定
車載などの移動受信機においては電話回線関連と通電制御をオプション扱いとする規定変更
複数の限定受信方式が使用された場合における送出運用規則と受信処理規準の変更
音声モード切替時の無音期間の挿入についての規定変更
BSデータ放送事業者の名称変更及び撤退による記載内容変更
CS放送事業者のサービスID追加割当に伴う変更
3.2版 2004.12.14
認定されたコンテンツ保護方式について記載追加。
3.1版 2004.09.28
CA代替用メッセージ番号割り当てにおける事業体名の追加および修正。
委託放送事業者の再認定による、以下の修正。
  1.  一部のTS_IDと委託放送事業者の記載変更
  2.  一部の委託放送事業者と使用するservice_idの記載変更
  3.  一部のワンタッチボタンのservice_idの割り当ての記載変更
3.0版 2004.07.22
受信機の実装基準、APS関連記述の明確化。
認定されたコンテンツ保護方式の記載追加。
ネットワーク運用事業者の統合による、
  1.  番組選局に関する注釈の削除
  2.  NVRAMのデータ放送事業者共通領域の文言の記載変更
  3.  CA代替用メッセージ番号割り当てにおける事業体名の記載変更
  4.  ネットワーク名称の記載変更
委託放送事業者の再認定による、
  1.
2.
3.
4.
5.
 TS_ID一覧の記載変更
 service_id一覧の記載変更
 broadcaster_id一覧の記載変更
 ロゴID一覧の記載変更
 ワンタッチボタン一覧の記載変更
2.9版 2004.02.05
マルチメディアサービスにおける NVRAM共用に関する規定追加。 
データ放送における印刷機能に関する規定追加、及び印刷機能の追加に伴うコンテンツ保護に関する適用範囲の明確化。
字幕、文字スーパーの運用に関する規定、及び有料放送番組における課金に関する規定の明確化。
自動表示メッセージ運用中に他のエラー表示が発生した場合の表示方法の記載追加。
ICカード管理会社の問合せ先の明確化。
モデム発呼時における接続確認に関するダイヤログの表示規定の変更 。
無通信切断タイマ値についての明確化。
2.8版 2003.10.16
識別子指定に関する記載修正。
コンテンツ保護規定の適用範囲を明確化。
コンテント利用記述子のencryption_mode(EPN)について動作規定を追加。
認定されたコンテンツ保護方式を記載追加。
関連文書の名称を修正。
2.7版 2003.07.29
映像音声デジタルインタフェースであるHDMIの規定、及びこれを使用する場合のコンテンツ保護規定の追加。
デジタル映像出力の制限事項の追加規定。
ICカードの暗号化・復号化を利用したIRDデータ伝送機能の削除。
CA代替サービス用メッセージ番号の発番と管理に関する記載追加。
適用書類の名称の修正。
2.6版 2003.06.05
ジャンルコード、番組特性コード、予約語など共通データのダウンロードに関しての追加規定、メディア横断性に関する追加規定。
NVRAM上にある個人情報の保護のための規定を追加。
BS/広帯域CS/地上共用受信機を対象とする地上なみ拡張運用(BSレベル3運用)の規定を追加。
地上波共用受信機の拡張機能をBSレベル3運用する場合におけるTCP/IP通信機能の追加規定、およびBS/広帯域CS/地上共用受信機のTCP/IP通信機能の追加規定。
2.5版 2003.03.26
NVRAM上にある個人情報の保護のための運用ガイドラインの制定。
STD-B10改定に伴う解像度制限ビットに対する規定を追加。
データ放送やSIで使用する文字についての制限を規定。
コンテント利用記述子を配置しなければならない条件についての明確化。
ICカード情報の表示に対する規定の明確化。
アナログ映像出力に対する記載の明確化。
認定されたコンテンツ保護方式について記載追加。
2.4版 2002.09.26
規定外のデジタルコピー制御記述子が送られてきたときの受信処理を明確化。
リムーバブル記録媒体に対するコンテンツ保護に関して規定を追加。
2.3版 2002.07.25
第一部ではブックマーク一覧データサービス関連の追記および権利保護関連などの改定。
第二部では広帯域CSデジタル放送でのデータ放送におけるアクセス権情報の運用に関連した改定等。
2.2版 2002.03.28
第一部ではBSデジタル放送におけるコンテンツ保護を行う為の送出基準や受信機機能に関して規定した第八編を追加。併せて、コンテンツ保護に伴うPSI/SI運用規定、限定受信方式の規定等も改定。
第二部では広帯域CSデジタル放送におけるコンテンツ保護に関して規定した第八編を追加。併せて、コンテンツ保護に伴うPSI/SI運用規定、限定受信方式の規定等も改定。データ放送でのブックマークロゴの運用等の追加。
2.1版

2002.01.24

第一部ではCA代替サービス及び広帯域CSデジタル放送で拡張されたデータ放送関連機能をBSデジタル放送で運用する為の改定。
第二部では広帯域CSデジタル放送のデータ放送、双方向通信、送出運用などを改定。
2.0版

2001.07.27

第二部第四分冊として広帯域CSデジタル放送の運用規定、BS・広帯域CS共用デジタル受信機機能仕様を追加。
1.2版 2001.05.31
 規定の追加及び修正、既定の明確化。
1.1版 2000.03.29  規定の追加及び修正。
1.0版 1999.10.26
 策定


ページの先頭に戻る