トップページへ
トップページへ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号 ARIB TR-B17
技術資料名 映像アスペクト識別信号
策定年月日 2000年 6月20日
概要
 本技術資料は、アスペクト比の異なる映像信号の番組素材交換を混乱なく行うために、映像アスペクト識別信号を付加し運用性の向上をはかる技術についてまとめたものである。

 ここで取り扱う識別信号は、アナログコンポジット信号(525/59.94/2:1)に限定し、4:3素材/16:9(スクイーズ)素材の信号の識別に適用する。

キーワード(用語と略語)
スクイーズ信号  525ライン、アスペクト比4:3の通常のNTSC信号上に525ライン、アスペクト比16:9の映像を載せた信号。16:9の画像を4:3の信号形式を経て、再度16:9に変換した際の垂直解像度を確保するための信号形式であり、その映像は16:9画像を横は横行に圧縮(スクイーズ)したものとなる。
レターボックス信号  通常(アスペクト比4:3)の画面上で、画面上下に映像のない部分(一般的には黒味)があり、異なるアスペクト比の映像全体が表示されるように構成した信号。
デジタルSNG Digital Satellite News Gatheringの略。
  通信衛星を使ったニュース素材等のデジタル無線伝送システムのこと。一般的には圧縮伸張(MPEGなど)を伴う。識別信号等を多重する場合には、信号の通過範囲や劣化を考慮する必要がある。
デジタルFPU Digital Field Pick-up Unitの略。
  地上マイクロ波帯を用いたデジタル無線中継電送装置のこと。デジタルSNGと同様、圧縮に伴う原信号の複合語の変化に、注意する必要がある。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
- 2011.09.16  廃止
1.0版 2000.06.20  策定


ページの先頭に戻る