トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B21

技術資料名 放送事業用連絡無線運用規定
策定年月日 2004年 5月25日
 概要
 周波数有効利用のために、放送事業用連絡無線も現行のFM方式からデジタル・ナロー方式に移行することが求められた。

 本技術資料は、デジタル・ナロー化された放送事業用連絡無線の変調方式として当面利用可能な実数零点単側波帯(以下「RZ SSB」という。)変調方式を用いることを規定すると共に、FM方式からRZ SSB方式への移行方法及び送信機の技術的条件や回線品質の規定を取りまとめて示すことにより、円滑な移行に資することを目的としている。

 また、RZ SSB方式を用いる放送事業用連絡無線は、「無線設備規則第57条の2の2」、「電波法関係審査基準」及び「実数零点単側波帯変調方式標準規格(ARIB STD-T62)」に従い実施されるが、本技術資料の内容はこれらと整合している。

キーワード(用語と略語)
放送事業用連絡無線  放送事業用連絡無線は、平時には各種番組制作における連絡手段として利用され、緊急災害時などには情報を正確にかつ確実に伝送できる最も有力な連絡手段として使われる。これにより大規模化した報道システムが整然と運行できる。また、災害時の罹災状況、被害規模等の情報は国民の安全を確保する上で重要である。
RZ SSB

Real Zero Single Sideband(実数零点単側波帯)の略。
 搬送波を付与したRZ SSB信号の位相項(実数零点列)を位相検波したのち適切な信号処理により情報信号を抽出(復調)する。チャネル間隔が6.25kHzのデジタル・ナロー通信方式。

割当周波数  無線局に割り当てられた周波数帯の中央の周波数。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
1.1版 2008. 3.19  省令(電波法施行規則、無線設備規則等)及び告示(第八十八号等)の一部改正等に伴い、ARIB STD-T62が1.3版から2.0版に改定されたこと等による改定等
1.0版 2004. 5.25  策定


ページの先頭に戻る