トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B22

技術資料名 デジタルハイビジョン素材伝送補助データ運用規定
策定年月日 2002年11月27日
概要
 本技術資料は、デジタルハイビジョン素材伝送において、「どの伝送機材」が「どのような状態か」を受信側で監視可能にするため及び汎用情報を簡易に伝送可能にするために、デジタルハイビジョン素材伝送補助データ(機器ID・監視情報及び汎用情報)の運用について規定したものである。

 なお、補助データパケットを用いた各種のデジタルデータ伝送は、「補助データのPES伝送方式 標準規格(ARIB STD-B40)」及び「1125/60方式HDTVビット直列インタフェースにおける補助データの共通規格(BTA S-005B)」に従い実施されており、デジタルハイビジョン素材伝送補助データ(機器ID・監視情報及び汎用情報)を送る場合には、さらに細部の運用について別途規定する必要があるため、本技術資料に取りまとめている。

キーワード(用語と略語)
補助データ  デジタルインタフェースにおいて、映像信号のブランキング期間を用いて伝送される各種の信号をいう。
TS
(Transport Stream)
 MPEG-2システム規格(ISO/IEC 13818-1)にて規定されるトランスポートストリーム
TS-ID
(Transport Stream Identifier)
 MPEG-2システム規格(ISO/IEC 13818-1)にて規定されるPAT(Program Association Table)上に乗った16bitのストリーム識別情報で、MPEG-2のTSを識別するための番号
HD-SDI
(High Definition Serial Digital Interface)
 SMPTE292M、BTA-S004Bに規定される1.485Gbit/sのシリアルデジタルインタフェース
機器ID  補助データのうち、伝送機器固有のIDを示すもの。TS-IDと同じ16bitの値を用いる。
監視情報  補助データのうち、伝送機器の状態を示すもの
汎用情報  補助データのうち、伝送機器に入出力される各種の情報。伝送容量は9,600kbit/s×2ch分。
ユーザデータ  ユーザが任意に設定した形式のデータ

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
1.1版 2013.07.03   ARIB STD-B27の廃案に伴い、関連文書からARIB STD-B27を削除するものである。
1.0版

2002.11.27

 策 定


ページの先頭に戻る