トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B26

技術資料名 衛星デジタル音声放送運用規定
策定年月日 2003年10月16日
概要
 本技術資料は、総務省令・告示及びARIB標準規格の規定に従い実施される標準テレビジョン放送等のうち、衛星デジタル音声放送において、実運用上、使用される技術パラメータを特定するとともに、運用の細部について規定したものである。これらの規定は、衛星デジタル音声放送における放送番組編成の柔軟性と放送サービスが将来的に発展するための拡張性を確保できるよう配慮している。

 また、本運用規定は、ARIB標準規格STD-B42に従って、受信機の詳細な機能仕様に関しても定めている。衛星デジタル音声放送サービスを、聴取者にとっての利便性を損なうことなく円滑に行うために、衛星デジタル音声放送の放送事業者は定められた機能仕様を前提にその送出を運用することになる。なお、受信機の機能仕様の具体化は受信機製造事業者の商品企画に委ねられる。

キーワード(用語と略語)
ダウンロード
(・サービス)
 放送波を利用して、地上デジタル放送用受信機の不揮発性メモリなどに、受信機ソフトウェアや全受信機共通データなどを配信・格納するサービス。
データ放送  通常の音声に加え、簡易動画、静止画、文字図形、字幕等を組み合わせてサービスを行う放送。
  衛星デジタル音声放送では、主として移動受信(カーナビゲーションシステム等)や携帯受信(携帯電話、PDA等)を対象としたデータ放送を実施する予定。
PSI Program Specific Information:番組特定情報
  所要の番組を選択するために必要な情報で、PAT(Program Association Table:放送番組関連テーブル)、PMT(Program Map Table:放送番組マップテーブル))、NIT(Network Information Table:ネットワーク情報テーブル)、CAT(Conditional Access Table:限定受信テーブル)の4つのテーブルから成る。MPEGシステム規格及び総務省令で規定。
SI Service Information:番組配列情報
  番組選択の利便性のために規定された各種情報。総務省令で定義され、内容はARIB規格として規定。ARIB規格独自の拡張部分に加えて、MPEG-2のPSI情報も含まれる。
SBR Spectral Band Replication
  比較的低ビットレートの際に効果のある音声符号化方式。情報はADTSのフィルエレメントに格納され、AACの高域補間として利用される。SBR機能のない受信機はAACを再生するため、下位互換性がある。
限定受信方式(CAS) Conditional Access system
  サービス(編成チャンネル)やイベント(番組)の視聴を制御するシステム。
双方向通信
(双方向データ
  放送サービス)
 公衆電話網、PHS網、携帯電話網、ISDN、ADSL、FTTH、CATVなどの回線と接続し、データ処理センタ等と通信する機能を有する受信機を想定して、放送局が行う放送とデータ通信を組み合わせたサービス。
CDM Code Division Multiplex:符号分割多重
  チャンネルごとに異なる拡散コードで信号の周波数帯域を直接拡散し、同一の周波数帯域内に複数のチャンネルを多重化して、伝送路に送り出す方式。
TS Transport Stream
  MPEG-2システム規格(ISO/IEC 13818-1)にて規定されるトランスポートストリーム。

改定履歴
版数 策定または
改定日
主な改定内容
- 2012.09.25  廃止。

 放送法等の改正により「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式」(平成15年総務省令第26号)から移行する形で「標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式」(平成23年総務省令第87号)が新たに制定された。(2011年6月30日施行)
 これに併せて、衛星デジタル音声放送の規定が同省令から削除されたのに伴い、本運用規定を廃止するものである。
1.2版 2007.09.26
第一分冊
第一編 衛星デジタル音声放送ダウンロード運用規定
 ・ 適応書類の追加並びに参照先の規格書番号、章番号等の誤記を訂正した。
第二分冊、第三分冊は内容の変更はない。
1.1版 2005.09.29
第一分冊
第二編 受信機機能仕様書
 ・ H.264|MPEG-4 AVCのストリーム形式識別を追加。
第三編 データ放送運用規定
 ・ 6項「モノメディア映像符号化」に6.1.2項として「H.264|MPEG-4 AVC」を追加。
 ・ H.264|MPEG-4 AVC追加に伴う運用の追加
第二分冊
第四編 PSI/SI運用規定
 ・ H.264|MPEG-4 AVCのストリーム形式識別を追加
 
第三分冊
第七編 送出運用規定
 ・ H.264|MPEG-4 AVCのストリーム識別を追加
 ・ SBRの運用の確定
 ・ 事業者識別子の値の確定
1.0版 2003.10.16  新規策定


ページの先頭に戻る