トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B37

技術資料名 超高精細度テレビジョン方式カメラ・レンズ機器の相互接続
策定年月日 2016年3月25日
概要  本技術資料は、超高精細度テレビジョン(UHDTV)方式のカメラとレンズ機器の相互接続についてガイドラインを示すものである。
 スーパー35mm8Kセンサー、1.25型8Kセンサー及び2/3型4Kセンサーそれぞれの対応するカメラとレンズを接続するための光学系、電気系及びメカニカルインタフェースについて適用する。
 光学系インタフェースではカメラのセンサー、光学フィルターやプリズムなどのガラス系、レンズ及び分光特性について、電気系インタフェースではスイッチやコネクタなどの物理的なインタフェースとそのインタフェース信号の電気的な内容について、メカニカルではカメラ側のマウント形状とレンズ側のマウント形状についてガイドラインを示している。

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
1.1版

2017.03.24

 スーパー35mm8Kセンサーのメカニカルインタフェースについて、レンズおよびカメラ側のマウントの詳細仕様が明確になったため、図面を追加するものである。レンズ側マウントについては正面図および側面図を追加し、カメラ側マウントについては全体構成と構成部品である位置決めピン、マウントレバー、ねじ込みフランジおよびバヨネットリングについて追加する。またカメラ内部の不可侵領域の図面についても併せて追加する。
1.0版

2016.03.25

 策定


ページの先頭に戻る