トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
IPR検索サービス
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS

技術資料概要(放送分野)

 技術資料の概要及び改定の概要

資料番号

ARIB TR-B38

技術資料名 VHF-Low帯に適用するセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送運用規定
策定年月日 2016年3月25日
概要  本技術資料は、99MHzを超え108MHz以下の周波数の電波(VHF-Low帯)を使用する地上基幹放送局を用いて行うセグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送(以下、V-Lowマルチメディア放送)についての運用を規定するものであり、V-Lowマルチメディア放送の円滑な運用に資することを目的とした技術資料を策定するものである。

改定履歴
版数 策定日又は
改定日
主な改定内容
1.1版

2017.03.24

 移動体環境下における受信率向上のためのパラメータとして運用時間インターリーブ長I=8の追加、防災・安全情報を確実に受信させるための伝送方法の追加、チャンネル数増加時の帯域有効利用のための再送周期の変更及び認定基幹放送事業者の追加である。
1.0版

2016.03.25

 策定


ページの先頭に戻る