トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「調査・研究・開発・標準規格策定」一覧
調査・研究・開発・標準化
調査研究
調査研究及びその体制
IMT-2000研究委員会
電磁環境委員会
調査研究会等
研究開発
研究開発及びその体制
開発部会
標準規格策定
標準規格の策定
規格会議
標準規格の規格体系
IPRポリシー
標準規格等一覧
標準規格(通信分野)一覧表
技術資料(通信分野)一覧表
標準規格(放送分野)一覧表
技術資料(放送分野)一覧表
技術資料(共通分野)一覧表
IMT-2000
PIAFS
標準規格概要(通信分野)

 標準規格の概要及び改定の概要

規格番号 ARIB STD-T108
標準規格名 920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備
策定年月日 2012年2月14日
規格概要  本標準規格は、電波法施行規則第6条に規定される特定小電力無線局の用途等のうち、テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用であって、無線設備規則第49条の14第7号ならびに8号に規定された915.9MHz以上929.7MHz以下の周波数の電波を使用する無線設備に関するものに加えて、電波法施行規則第 13 条に規定される簡易無線局の用途等のうち、テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用であって、新たに無線設備規則第54 条第5 号に規定された920.5MHz 以上923.5MHz 以下の周波数の電波を使用する無線設備について規定するものである。

 第1編に、簡易無線局について記載し、第2編で特定小電力無線局について記載している。

改定の概要
版数 策定又は
改定年月
改定の概要
1.0版
2012.02.14  策定