標準規格等一覧

標準規格概要(STD-B38)

1.標準規格の概要

標準規格番号 ARIB STD-B38
標準規格名 サーバー型放送における符号化、伝送及び蓄積制御方式
策定年月日 2003年2月6日
標準規格概要

本標準規格は、情報通信審議会諮問第2003号「大容量蓄積機能を活用するデジタル放送方式に関する技術条件」に対する答申(2002年9月30日)及び対応する省令をベースにした、大容量蓄積機能を活用するデジタル放送方式における、映像、音声及びメタデータの符号化方式、伝送方式及び蓄積制御方式を規定したものである。


 キーワード(用語と略語)

キーワード 説明
サーバー型放送  大容量蓄積機能とともに通信ネットワークとの接続機能を有するデジタル放送用受信装置を対象とし、当該受信装置におけるコンテンツ蓄積機能や通信機能を活用する新たなデジタル放送形態の通称
ストリーム型伝送方式  コンテンツの送信に要する時間と、当該コンテンツを視聴するのに要する時間が常に一致している伝送方式
ファイル型伝送方式  コンテンツの送信に要する時間と、当該コンテンツを視聴するのに要する時間が必ずしも一致しない伝送方式
メタデータ  コンテンツの内容や、再生の順序などを示すデータで、一般にはタイトルやジャンル、番組概要等のコンテンツに関するデータをいう。本規格では、それらに加え視聴者のプロファイルや履歴も含まれる。
記述スキーム  複数の記述ツール間の構造(シンタックス)と意味(セマンティックス)的関係を規定した枠組み
BiM Binary format for MPEG-7
 MPEG-7で規定されているXMLバイナリ符号化方式
CRID Content Reference IDentifierコンテンツ参照識別子。
 ロケーションに依存しないコンテンツの識別子
DDL Description Definition Language記述定義言語。
 MPEG-7で記述スキームを定義するのに使用される言語
ETSI European Telecommunications Standards Institute
 欧州通信規格協会
IANA Internet Assigned Numbers Authority
  インターネットの標準化を行うIETFを構成する組織の一つ
IETF Internet Engineering Task Force
  インターネット上で使われるプロトコルを標準化する組織であり、ここで策定された技術仕様はRFCとして公表される。
MPEG Moving Picture Experts Group
 ISO/IEC JTC1/SC29/WG11の通称。映像信号、音声信号の符号化方式の国際標準規格化を中核に、メタデータや権利保護情報の符号化方式の国際標準規格化も推進
MPEG-7 Moving Picture Experts Group phase 7
 MPEGによる作業であり、広範囲に渡るアプリケーションに適用可能な、コンテンツ関連のメタデータの標準的なセットを規定する。
TVAF TV Anytime Forum
 サーバー型放送に関する国際標準規格を検討している民間の国際フォーラム
W3C The World Wide Web Consortium
 インターネット上での情報提供や情報共有のためのプロトコルに関する国際標準化団体
XML Extensible Markup Language
 W3Cにより策定された記述言語の一つ。XMLにより記述される文書では、文法や言葉の意味を当該文書内で定義することができるため、XMLは多様な用途に利用することができる。

2.改定の概要

版数 策定又は改定日 改定の概要
2.3版 2013.07.03  セグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送サービスにおけるEPG/ECGメタデータに関連し、メタデータ辞書への項目追加・修正のため改定するものである。
2.2版 2012.07.03  省令改正に伴う参照文書の変更、及び地上マルチメディア放送サービスにおけるEPG/ECGメタデータの追加・修正に対応させるものである。
2.1版 2011.03.28 ・  セグメント連結伝送方式による地上マルチメディア放送サービスへの対応に伴う改定
 既存メタデータの記述形式の追加、更新
 クーポンメタデータの追加
 メタデータ辞書の拡張、更新
 「セグメント連結伝送方式を用いた携帯端末向けマルチメディア放送サービスにおけるEPG/ECGメタデータ」の規定(付録:サービス毎の規定)
 セグメント連結伝送方式を用いた携帯端末向けマルチメディア放送サービスにおけるEPG/ECGメタデータ利用に関する運用ガイドライン」の規定(付属2)
・ 誤記訂正、表現の明確化及び用法の統一
2.0版 2010.04.26 ・  高度広帯域衛星デジタル放送におけるダウンロード方式標準規格の規定に伴い、サービスを実施する上で必要となるECGメタデータ等の記述形式の追加、変更、定義追加及び辞書等を新設、拡張
・ 規格書構成を見直し、付録を辞書とスキーマ及びサービス毎の規定の3つに分類して記述し、付属1として運用ガイドラインを追加
・ 誤記訂正、表現の明確化及び用法の統一
1.3版 2006.03.14 ・ 準拠規格であるETSI技術仕様の変更により、国際整合性の確保のために名前空間のバージョン表記の変更や、スキーマの修正、辞書の変更などを改定
・ サーバー型放送の想定される運用に対応するため、一部表記や辞書の追加などを改定
・ 誤記訂正、表現の明確化及び用法の統一
1.2版 2004.12.14 ・ 準拠規格であるETSI技術仕様が変更されたため、国際整合性の確保のために改定
・ IETF規格準拠と国際整合性の確保のための改定
・ 誤記訂正と表現の明確化及び用法の統一
1.1版 2004.05.25 ・ 準拠規格であるTV Anytime規格が改定され、さらにこの規格がETSI技術仕様になったため、参照先規格名を変更
・ メタデータ名前空間、無名タイプを名前付きタイプに変更するなどETSI技術仕様に対応
・ ARIB STD-B38内の整合性をとるため、辞書の使用に関する項目及び付録として辞書を追加
1.0版 2003.02.06  策定

3.一部閲覧(最新版)

全画面表示



TOP